日本でのハードコアパンクロックの人気日本で

明らかではないかもしれませんが、ハードコアパンクは日本で最も人気のある音楽ジャンルの1つです。それは実際には1970年代後半に始まったサブカルチャーとパンクロック音楽のジャンルです。他の形式のパンクロックと比較して、より攻撃的で高速です。   

何年もの間、ハードコアパンクロックはこの国にありました。実際、それはエンターテインメント業界に大きな影響を与えています。信じられないかもしれませんが、それは音楽の最も使用されているジャンルの1つですらあります。それの素晴らしいところは、アーティストが積極的に自分自身を表現できることです。

興味深いのは、国の社会的および経済的変化に対する抗議があったときに、国のハードコアパンクシーンが始まったことです。その人気の高まりとともに、SSと呼ばれる最初のハードコアパンクロックバンドが結成されたのは1977年でした。GISMやスターリンなどの他の人気バンドは1980年代初頭に結成されました。 

1985年にブルーハーツが発表されたとき、パンクロックの人気は高まり続けました。他のパンク音楽と比較して、それは対立的ではなく、よりメロディックです。これらの機能により、バンドは何年もの間脚光を浴びています。実際、彼らの最終アルバムの何百万ものコピーが売られました。 

一方、大阪ではパンクロックシーンが少し違います。大阪のパンクロックアーティストは、インダストリアルミュージックとアバンギャルドミュージックを組み合わせて使用​​していました。彼らはまた、パフォーマンスアートを使用して音楽を作成しました…それはほとんど音楽とは言えません。面白いのは、他の国では「ジャパノイズ」と呼ばれていることです。  

信じられないかもしれませんが、パンクロックは音楽を作ることだけではありません。それはまた、政治、精神、態度についてです。このジャンルの音楽は、LGBTQコミュニティ、恵まれない人々、および堕落した人々によってもよく使用されます。   

日本は保守的な文化を持っていますが、パンクロック業界は繁栄し続けました。ブルーハーツは国宝にもなり、音楽業界で最も伝説的なバンドの1つとして認識されています。 

日本のパンクロック文化の素晴らしさをもっと知りたいのなら、没頭して注目を集めるパンクロックバンドをチェックするのが一番です。アーティストの情熱に驚かれるかもしれません。業界でリリースされている他の音楽と比較して、彼らの音楽のほとんどはアーティスト自身によって作られています。よく見ると意味が深いのもこのためです。 ことも間違いありません 極東ディストピア は、2017年に葵すみとによって設立されて以来、現在ロックバンドの有名なレコードレーベルの1つである。また、SoundCloudでバンドの作品のいくつかを聞くことができます。最新情報については、Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアアカウントをご覧ください。

コメントする